Last update 2020.07.28
新着情報 2020/06/09更新
●ツイッターを始めました。
5/17日からツイッターを始めました。
ツイッターとはなんのことか少しも分りませんが
息子が作ってくれました。
アドレスは「川端誠official」だそうです。
書き方と写真の載せ方は教えてもらいました。
なんだか分かりませんが、よろしく。
Twitter

○個展のご案内
10/27(月)〜11/7(土)
表参道のピンポイント・ギャラリーにて(日曜休み)。

フォトギャラリーの100号と顔のオブジェ、『森の木』の原画全点を展示します。その他絵を30点ほど予定しています。
詳しくはまたお知らせします。

○『絵本作家の百聞百見』
本の宅配屋さんのサンタポストさんの通信誌「YA!!」に連載していたコラムを本にしました。
『百聞は一見にしかず』という言葉がありますが、目に写しただけでは、見たことにならないことがよくあります。そこで百見。そんな徒然を書いたものです。
子どもの未来社 定価1,430円

○講演会・イベント情報
2020年
●2/1(土)国立江田島青少年交流の家(広島県)
絵本ライブ/10:30〜11:30
               /13:30〜14:30
●2/2(日)同
講演会/10:00〜11:30
●2/16(日)所沢市立新所沢公民館(埼玉県)
絵本ライブ/13:00〜14:00
●10/4(日)郡上市図書館(岐阜県)
絵本ライブと講演会
9/16(水)〜10/16(木)同図書館にて原画展
『お化けのおもてなし』全点と『森の木』4点です。
●10/23(金)掛川・大渕小学校(静岡県)
絵本ライブ
2021年
●1/16(土)小城市三日月図書館(佐賀県)
講演会/時間未定
●2/14(日)羽曳野市図書館(大阪府)
絵本ライブと講演会

○ホームページの日記
 ホームページに日記を書き始めたのは、2010年の7月7日からです。11年3月12日からの数日間と、消去して書き直さなかったのが1日ありますが、あとは毎日書いています。たいていは翌日の朝一で書き、旅に出る前はその日のうちに、旅のお知らせとともに書いています。
 よく毎日書けるものだとお思いの方もいらっしゃいますが、日記を書く効用がじつはあるのです。
 何といっても一番はウォーミングアップ効果でしょう。仕事部屋にやってきて、すぐに絵筆をとることはまずありません。ああでもないこうでもないと、ぐずぐずしてから集中がたかまって、やんわりと絵筆に手がのびる。そんな毎日でしたが、日記を書くようになって、頭の体操になるとともに、キーボードを叩くことで指のトレーニングにもなるのです。なので日記を書き終わるとすぐに絵筆に手がのびるようになりました。
 人はたえず頭の中で、なにやらぶつぶつつぶやいているもので、僕もよく愚痴やら不満やらをつぶやいていたものですが、日記を書くようになって、今日の出来事、最近の出来事、明日の予定など、頭の中でいつも日記の文案をつぶやくようになったのです。愚痴が消えじつに精神衛生上によろしい。
 日記とはいえ、人に読んでもらうものですから、それなりに考えて書かなくてはいけません。毎日やっているおかげで、原稿などの文章を書くのが驚くほど早くなりました。要点をしぼる訓練が出来ているのでしょうね。
 そんなわけで、自分のための日記でもありますが、目的はひとつ。絵本作家も百人百様ですが、その中のひとりの日常をお知らせしようとするものです。そこから、絵本とは、絵本表現とは、絵本を作るとは、仕事とは、暮らすとは、などがみえてくれたらいいかなあと思っています。
 絵本の好きな人、絵本にかかわっている人、出版社の人、図書館の人、若い絵本作家、もちろん一般の方々の少しでも参考になればと、絵本制作の裏側を出来るだけ披露しようと思って書いています。印刷のことや製本のこと、流通のこと、表現技法のこと、ときに専門用語が出てきたりで、難しいかなと思いつつも、そこはご勘弁で書いています。
 そればかりではつまりませんから、僕の日常をからめつつ、豆知識のようなこと、雑学のようなことも織り交ぜています。「ほおー」とか「へえー」とかいってもらえるとありがたいです。とにかく徒然なるままに毎日書いています。よろしかったらのぞいてみてください。フォトギャラリーもどうぞ。
 感想やご指摘などのメール大歓迎です。なにしろ籠りきりの仕事ですから。
新作
最新刊
らくごえほん
『ごんべえだぬき』
(KADOKAWA)/1,540円
権兵衛さんを寝かせまいといたずらにきた子だぬき。ところが権兵衛さんはたぬきの仕業と気がつき、つかまえてしまいます。権兵衛さんのお仕置きとは…
>>お求めはこちら
らくごえほん
『てんしき』
(KADOKAWA)/1,540円
「てんしき」ってなんでしょう。知らないことを恥ずかしがり適当なことを言ってごまかす大人たち。お寺の珍念さんがそんな和尚さんをやりこめます。落語とは違うオチに大爆笑まちがいなし。
>>お求めはこちら
『伊賀のキャベ丸』
(BL出版)/1,430円
少年忍者伊賀のキャベ丸。豚と牛の侍相手に、四つの忍術を繰り出してこらしめる。その活躍やいかにーー
>>お求めはこちら
『お化けのおもてなし』
(BL出版)/1,430円
>>お求めはこちら
『風雲しょうが丸』
(BL出版)/1,430円
>>お求めはこちら
『風来坊の子守歌』
(BL出版)/1,540円
>>お求めはこちら
『槍ヶ岳山頂』
(BL出版)/1,760円
>>お求めはこちら
『地球をほる』
(BL出版)/1,540円
>>お求めはこちら
Copyright(C)KAWABATA MAKOTO All Right Reserved
本サイト内容の無断転載、使用を禁じます。